青建設計は軽井沢・小諸・佐久を中心に健全住宅をプロデュースしています

設計実績

当社の実績をご紹介いたします

第1期第2期第3期第4期第5期現在未来


1976年〜1981年

テーマ:しっかりした建物で企業に力を!
line


作品
line

中沢商事ビル等、多数の商業ビルを設計
また、公共施設は小諸野岸小学校、小諸市立芦原保育園等
樋渡正五邸 


特徴
line

東京から地元小諸に帰り、どこよりもしっかりとした建物を設計しようと青建設計を開設しました。当時、ペアガラスを小学校に導入し、光熱費の削減を計りました。また、芦原保育園では、保育室に太陽の光が多く入るように設計し、小諸市の保育園・幼稚園の原型を築きました。



▲ページトップへ



1982年〜1989年

省エネルギーの建物で企業に資本力を!
line


作品
line

石田技研写真

小諸グランドキャッスルホテル
石田技研 小諸工場
浅間エンジニアリング
青木製作所
小林スプリング本社工場
小諸市立東中学校
(順不同)

 


特徴
line

バブル時代では、工事コスト・ランニングコストを考えない建物が多くつくられていました。しかし当社では、無駄なコストをかけない建物を設計し、お客様にご提供しておりました。 例として上記ホテルでは、再開発事業でコストを公表して行われ、地下1階 地 上8階 客室数100室 宴会場4室 他レストランや売店そして結婚式場があ るホテル(延床面積13,000u約4,000坪)を総工事費18億8千万円、坪当たり47万 円で(照明・エアコン・ベットなど含む)行いました。オープンした当時の上記ホテルの2月の重油代は50〜60万円で、同規模のホテルでは200〜250万円はか かっていたそうでした。 また、上記中学校では、水洗トイレに雨水を利用する設計で行い、当時生徒数約 800人で、かなりの水道代が削減されました。


▲ページトップへ



1990年〜1996年

省エネルギーの建物で企業に資本力を!
line


作品
line

石田技研写真

シチズンファイルテック株式会社
(旧 シメオ精密株式会社)
小林スプリング本社小諸工場
(順不同)


特徴
line

シチズンファインテック(株)は、地下1階 地上2階 約10,000uの本社工場 で、地下1階・地上1階は、恒温恒湿ルームでつくられています。当時、クリーンルームは工事費約坪100万円はかかると言われていましたが、当社では約半分の工事費で行い、ランニングコストも半分の状態でした。当時の担当者は、「お正月休みに、一週間空調設備や機械を止めても、1℃とは温湿度は変わらないよ」 と大変驚かれていました。

※ 先日、高知県にあります工場を拝見させて頂き、月々の電気代が約1億5千万円とお聞きし、驚かされました。他にも、日本では、ランニングコストを半分に 減らす事が出来る建物が沢山あると感じています。
※ 今後は、環境のことを考えますと、断熱材と炭素繊維を使用し、イニシャルコ ストやランニングコストをあまりかけない丈夫な建物が良いのではと考えています。


▲ページトップへ



1995年〜2001年

豊かな生活は健康から!良い住まいで健康を
line


作品
line

住宅写真

ビュータウン諸分譲地(小諸) 7区画
ビュータウン湯川分譲地(軽井沢) 33区画
ビュータウン芦原分譲地(小諸)  8区画
住宅を多数設計


特徴
line

この頃からシロアリ駆除材や新建材(ホルムアルデヒド等を発生する)を使用しないでも50〜80年以上もつ家をつくり始めました。凍結防止帯や水抜き不要 の家を開発し始めたのもこの頃で、無駄な光熱費がかからないで、環境にやさしく暖かい家を設計しています。
※ 新建材を多く使用することで、機械での24時間換気システムが導入され、それ を利用していれば安心というのはどうでしょうか。天然無垢材や自然素材を使い、大工職人の墨付け刻み工法でしています当社では、環境問題の改善や昔から の日本の木の文化をしっかりと受け継ぐことが大切かと考えています。


▲ページトップへ



1995年〜2001年

豊かな生活は健康から!良い住まいで健康を
line


作品
line

住宅写真

ソーラータウン柏木分譲地(小諸) 24区画
プリンス南分譲地(軽井沢)  22区画
住宅を多数設計


特徴
line

近年アレルギー体質のお子様が増えているとお聞きしています。平成18年に、お子様3人がアレルギーで水を1時間もかけて購入しに行かれているお客様にお会 いいたしました。  当社の分譲地を気に入り、新築をご計画。アレルギーのこ とを考え無垢材をふんだんに使用することにしました。また、当初お客様は120万円の水の機械を入れる希望でしたが、当社で半額の軟水器等についてお話しいたしまして、そちらを付けました。半年過ぎ、「お客様から子供たちの肌がすべすべになりました」と嬉しい連絡を頂き、これからも苦しんでいる方々のお手伝いが出来たらと感じました。 また、「ランニングコストがかからない家で嬉しいです」のお言葉も多く聞かれ ています。 日照率が良い地域では太陽光発電システム、エコキュート付きの家でゼロエネルギー住宅が実現出来ます。 当社のソーラータウン分譲地では、月々の電気代が黒字の方がほとんどで、住んで生活しているのに収入があるなんて!と笑顔で話されていたお客様がいました。

※現在SWS工法の家は白アリやアレルギーでの問題はほとんどなく設計することが出来るようになりました。お客様が家を持たれてもゆとりある生活、マイホームを建てて良かったと思って頂けるよ う今後も努力していきたいと思っております。 また、昨年小諸市で児童センターの設計を頂きました。昔からの木造の施設は小さなお子様を持つお母様方に好評です。小さなお子様たちが木の床でゴロゴロ楽しんでい る姿に、木造はすばらしいなと感じました。木は年月が経つほど強くなっていくと言われています。子供たちがかかわる建物は可能な限り木造でつくることをおすすめします。


▲ページトップへ



1995年〜2001年

究極の家作りを目指しています。環境・健康・リサイクル
line


作品
line

住宅写真

松村邸、岡村邸、T邸、W邸など18棟
小諸市児童学習交流センター


特徴
line

ゼロエネルギー住宅は小諸、佐久、軽井沢でほとんど問題なく設計することができるようになりました。自然の木造りで、健康な生活ができる家を設計しています。その上で、今、開発していますのは三大疾病の数値が小さくなることに挑戦しています。木造りの建物は、大きいものは法律的にできませんが、子供達の施設(保育園、幼稚園、小学校等)は可能な限り木造で作ることをお薦めします。木の建物は、息苦しさがありませんし、リサイクルもききます。


▲ページトップへ



1995年〜2001年

未来への展望〜これからの株式会社青建設計〜
line

今まで30年間さまざまな建物作りに取り組みできました。その時その時ベストをつくして設計しましてもお客様に迷惑をかけたり、 お世話になったりしてここまで来ることができまして心より感謝申し上げます。
今、株式会社青建設計(会長 大森正文)が、何とか考えて進んで開発したい事は二つあります。



1.

ナノバブル水で健康を保つことができないか!

2.

石油とナノバブル水で、石油燃料を半分以上減らすことができないか!

1)

現在、2007年(平成19年)11月までに100nm代までの水の泡を何とか作れ るところまできています。10〜50nmまで持ってゆ ければと努力しています。今、試しているところですが、がん 細胞が小さくなっているという報告もあります。糖尿病で歩け ない人が歩けるようになった事例もあります。また、血圧の薬を飲まなくてよくなって喜んでいる方もいます。

2)

石油は燃えるものです。水(H2O)を水素イオンと酸素イオンの大きさまで小さくすれば、両方がよく燃えるものですので、石油をそれ程使わなくて燃やすことができます。水でCO2の問題や、地球温暖化の問題を、少しでも改善できるのではないかと考えています。



▲ページトップへ